院長ブログ

2013年6月26日 水曜日

食べ物を噛むことの大切さ

こんにちは。TFTビルオリオンデンタルオフィス院長の相原です。
今日は、食べ物を噛むという当たり前のことですが、とても重要な記事を書こうと思います。

子供の時から「食べ物をよく噛んで食べなさい」よく言われた言葉だと思います。
これは、しっかりと食べないと子供の喉につまりやすいという単純な意味ではございません。
いくつになっても自分の力で食べ物を噛み、おいしく食事ができることは、なんと言っても一番の幸せだと思います。
食べ物をよく噛んで食べることにより、食べ物の味覚を楽しむこと、胃腸の消化を助けることや顎関節やお子様にとっては顎(あご)の発達に影響されていきます。
また、肥満防止や口の周りの筋肉が発達するため表情が豊かになるという効果もございます。
さらに、血液のめぐりが良くなるため脳の働きも良くなり、体全体が活発に元気になり効率的な仕事や作業が行われるようになります。

そして、食べ物をよく噛むことにより唾液が多く分泌されます。
その唾液は虫歯や歯周病の予防にもつながる大切なものです。
歯の健康を守ることは、皆様の生活の糧になります。

明日から、いつもよりちょっとだけ多く噛んで食事をしてみてはいかかでしょうか。

投稿者 TFTビルオリオンデンタルオフィス

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31